SEO

【初心者必見】角度を変えたSEOキーワードを組み込む記事構成

SEOキーワードを組み込む記事構成

SEO対策を意識してしまうあまり、記事タイトルなどを考える時にキーワードを無理やり押し込んでしまうことはありませんか?

検索者の意図を読み取って適切なキーワードを並べることは大切な要素ですが、あまりにも大量にキーワードを押し込んでしまうと、”自然な文章”から外れてしまうことがあります。

また、あまりにも主張が強いキーワードの羅列は、検索結果として見たときにも見栄えが良いと言えません。結果的に検索者に好かれない文章では、アフィリエイトの手法としてはマイナスです。

そこで、今回は角度を変えたSEOキーワードの取り扱い方と考え方について解説していきます。

アフィリエイトに起承転結は必要ない

よく、文章などを考える時には「起承転結をしっかりと作りましょう」と、学生時代などに習ったことがあるかも知れませんが、特に「Webライティング」という分野においては、起承転結の法則は全く必要ないのです。

以下はwikiによる一部の引用です。

文章やストーリーの構成としての起承転結は、国際的には一般的ではない。国際的には、英語の一般的な論理的文章ではパラグラフ・ライティング (主張→根拠→主張’ )

引用元:起承転結

この部分だけを見ても分かる通り、”一般的な論理的文章”では

  • 「主張」⇒「根拠」⇒「主張」

という構成方法が使われているのです。

これを記事タイトルという中だけに当てはめると「主張」の部分だけを取り上げれば良いことが分かるでしょうか?

アフィリエイトサイトやブログの記事構成を考えると、

  1. 記事タイトル=「主張」
  2. 導入文=「主張」⇒「根拠」
  3. 本文=「主張」⇒「根拠」⇒「根拠」

という流れになるのです。

ただし、同じような主張を繰り返さないことも大事です。

同じ主張を繰り返さないということは、具体的にどういった手法を使うべきなのでしょうか?

以下でいくつかの手法を紹介していきます。

「否定」「肯定」「疑問」「共感」「比較」を使いこなそう

1つの「主張」に対して基本的に運営者が考えるべきは5つの方向性です。

それが、上記5種類に始まる「読者を想定した感情的な判断」になります。

1つの言葉に対して、最初に感情的な「判断」を提示することで、自然と記事タイトルが馴染んでくるのです。

よく見られるパターンでは、否定や肯定を一緒にしてしまっているものです。

タイトルを見た時に、否定と肯定が同時に存在してしまうと、「主張」に一貫性がなくなってしまいます。一貫性がない記事に根拠を書いても、あまり感情移入は出来ませんよね?

場合によっては、根拠そのものが曖昧になってしまうこともあります。

あくまでも、原点は検索意図への返答としてゴールを設置するアフィリエイトでは、論理的に「これを使うとメリットがある」と思ってもらう必要があるのです。

限定された言葉を使うときはペルソナに注意

「限定された言葉」とは、言い換えると「専門用語」のことです。

その業界、商品、サービスにしかない固有の言葉を使う場合には、想定している「ペルソナ」がどのくらいの知識を持っているのか?という部分を仮定しておかなければいけません。

結論から言うと、全てのレベルの人をターゲットに据えるというマーケティングはオススメ出来ないということです。

もちろん、ターゲットが異なると、使用する言葉の選択肢も変わってきます。

もしも「ターゲットを広げたい」と考えるようであれば、商品やサービスの選定から再度考えなければいけません。

読者にとって有益になる商品は、読者のレベルによっても変わります。

主張と根拠にプラスαで共感を生む

記事を構成する主な要素は先に紹介しましたが、これらに加えて、読者にとってプラスαとなり得る構成を追加することで共感性を生むことが出来ます。

この記事で紹介している「主張」⇒「根拠」⇒「主張」の法則はストーリーを作るにも応用出来るのです。

悩みを持つ読者はストーリーがあると文章を読みやすくなります。なぜなら知識や情報ではなく、読者が最終的に求めていることは「結果」だからです。

逆に考えると、「結果」が読者にとって有益であることを認識してもらうためのストーリーであり、ストーリーを作るために主張と根拠を置いた上で、再度「主張」を加えるのです。

よく、ドラマやマンガでも「伏線」と呼ばれるものがありますよね?

伏線は読者の考える「結果の想像」を大きくします。

この状態では、まだ読者は行動に足る確信が出来ていない揺れているような状態です。

ここに、根拠を合わせることによって読者の結果の想像がプラスに働きます。

結果を求めているからこそ、未来を考えさせる

これもアフィリエイトをしている人でも勘違いしやすいポイントなのですが、例えばアフィリエイトが成約しても読者の人にとっての結果はまだ出ていません。

商品やサービスを使った「結果」が、読者の人にとっての結果だからです。

では、アフィリエイトとして商品を売り込むためにはどうしたら良いのでしょうか?

商品のメリットをアピールしたり、他と比較することも大事ですが、”読者の人が商品やサービスを使うとどんな結果になるのか?”ということを伝えてあげなければいけません。

いろいろな記事で解説していますが、商品の内容をいくら丁寧に書いても、読者にとっては行動の動機にはなりません。

アフィリエイト記事を構成する時には「読者に対しての未来」を見えるように工夫をしてみて下さい。