SEO

【保存版】SEO対策を意識した記事の構成とWebライティング手法

Webライティング手法

「SEO対策をしなければいけない!」

と強く意識すればするほど、記事の作り方や文章が本当に正しいのか迷ってしまうことはありませんか?

SEO対策に強い記事の作り方とは、ほとんどの要素がWebライティングの手法に詰め込まれているのです。

つまり、Webライティングの技術を理解すれば、SEO対策を意識するというよりも、”自然に記事を書きながらSEO対策を取り入れた文章が書ける”ようになります。

Webライティングは「文章を書く」という側面だけを見ると、非常に複雑で特殊な技術です。

そこで、今回は記事の作り方を含めた「SEO対策に役立つWebライティング」に関する手法を出来る限り細かく区切りながらまとめて解説しました。

Webライティングの手法を理解すれば、

  • ブログ記事やサイト記事にSEO対策が出来る
  • セールスのための記事の書き方が分かる
  • ライターとしても活躍出来る

などなど、ブログ運営やサイト運営に関わる上でのメリットが沢山あります。

Webライティングが特殊な理由とは

一般的にライティング技術、つまり文章を書くということについて考えると、「面白い文章」や「美しい文章」をイメージしてしまうことが多いのですが、Webライティングには面白い文章も美しい文章も必要ありません。

しかし、Web上にあるサイトやブログに掲載する文章には「検索者の意図」を考えて構成する必要があります。

小説家のように綺麗で魅力的な文章を書く「才能」は必要ありませんが、その代わりに「読者に寄り添う技術」が必要なのです。

では、読者に寄り添うための技術とは一体どういったものなのか?ということを以下で解説していきます。

検索者(読者)が、何を求めているか?を把握する

Webライティングの原理原則は検索エンジンを利用して、いろいろな「答え」を求めている人達に対して「有益な情報を提供すること」にあります。

しかし、記事を書く段階では”求めている答えが見えない”というのもWebライティングの特徴です。

さまざまな検索者がそれぞれの「意図」をもってキーワードを入れることを予測することが、Webライティングにおける一番の技術であり、検索意図を出来る限り理解することによって記事の完成度が上がっていくのです。

検索意図によるキーワードの重要性

発想は同音異義語に少し近いのですが、同じキーワードで検索していても「目的や意図」は人それぞれ異なります。検索意図とも呼ばれるこの概念は、サイトやブログの記事を作る上でもっとも大切なポイントです。

・コンテンツや記事構成を考えるために予測する検索意図とは、ユーザーが「何を知りたくてその単語」を検索したのか?

という根本的な問題に対して、分析をしていく必要があります。

検索意図を100%の精度で当てるということは事実上不可能ですが、記事にたどり着くユーザーの検索意図を出来る限り分析した「答え」を記事にすることで、自然とユーザーの満足度が高い内容に仕上げることが出来ます。

ユーザーの検索意図と記事を書く時に選ぶキーワードは密接な関係にありますので、以下の記事で詳しく解説しています。

検索意図を考えることは、全てのWebライティングにおいての「中心」です。

記事構成の基本的な考え方

記事を作る時にもっとも大切なことは検索意図を考えることですが、文章の構成も重要な要素の一つになります。

記事を構成する要素は主に以下のように分けられます。

  • 記事タイトル
  • 導入文
  • 本文
  • 記事のまとめ

この中で多くの人が力を入れている記事ポイントはどこでしょうか?

おそらく80%~90%の人が記事を作る時には「本文」に力を入れているのです。

もちろん本文に力を入れることも大事なのですが、もっとも読者を引き止めるポイントは「記事タイトル」と「導入文」の2つです。

記事タイトルと導入文を流し読みされた時に「検索意図」に合っていない記事であれば、肝心の本文まで読んでくれる可能性が非常に低くなってしまうのです。

記事構成についてのポイントは以下の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみて下さい。

記事タイトルについてのポイント

記事のタイトルは検索エンジン上で表示され、検索した時に一番目に入る所です。

ここでは、キーワードをいくつか入れて検索者のニーズを満たす必要があります。ここで言う検索者のニーズとは「検索意図」であり、いくつかのパターンに分けて考える必要があります。

記事タイトルを決めるには、実際に使用するキーワードを「検索者の悩み」に合わせて出来る限り的確に捉えなくてはいけません。

ただし、先にも解説したように100%の精度で捉えることは「不可能」です。

そこで、同じキーワードでも「違った角度」からの悩みにつなげる必要があります。

また、記事タイトルは一目で内容が分かるもの、かつ、意図的にSEO対策としてのキーワードを3個以上含むものが望ましいです。

「○○サプリメント」を使ったキーワード検索意図の例

例えば、「○○サプリメント」というキーワードを検索エンジンで調べる人が知りたい情報にはどんな種類があるでしょうか?

以下で考えていきましょう。

  1. ○○サプリメントの「効果」が知りたい
  2. ○○サプリメントの「味」が知りたい
  3. ○○サプリメントの「価格」が知りたい
  4. ○○サプリメントの「安全性」が知りたい
  5. ○○サプリメントの「成分」が知りたい
  6. ○○サプリメントの「口コミ」が知りたい

たった6つの考え方を羅列するだけでも、検索意図が違うのがわかるでしょうか?

同じ「○○サプリメント」というキーワードであっても、検索意図はバラバラなのです。

○○サプリメントをメインコンテンツとして扱っているサイトやブログであれば、これらの検索意図を1つずつ記事にして訪問者のニーズに近いポイントを探す必要があります。

また、キーワードを考えるにあたって読者の年齢や背景などの「ペルソナ」を設定することも重要なポイントです。

もっとも分かりやすい例で言えば、○○サプリメントの価格が知りたい人の場合、ペルソナに設定すべきは「価格がもっとも気になる主婦」という想像がつきます。

厳密に考えるのであれば、主婦の年齢や使えるお金などもペルソナとして想定する必要がありますが、初心者の場合は「大まかな検索者の意図」を考えるだけでも、単純なキーワードだけで書いた記事よりも遥かにクオリティの高い仕上がりになります。

訪問者の大多数は本文を読まない

多くのWebライターやサイト、ブログの記事を作っている人は、一所懸命に本文を書いています。ですが現実的なことを言ってしまうと、多くの訪問者は記事を一語一句読んでくれるような人の方が圧倒的に少ないのです。

しかし、これは「訪問者の意図」を考えれば実は自然なことだとも言えます。

特に、検索エンジンから流入して記事にたどり着いている訪問者は「答えを探して」クリックしています。

ここに、記事を書いている人と、訪問者との間に価値観の差が生まれてしまっているのです。

記事を書いている人は、タイトルからまとめポイントまでの全てを読んでもらって「ゴール」だと考えていますが、訪問者は記事にたどり着いた段階で「ゴール」をしています。

平たく言えば、導入文のところに「結論」もしくは「答え」がない場合には「違う」と判断してしまうので、本文にある「答え」を探してはくれないのです。

こちらの記事(直帰率を下げるための誰にでも出来るWebライティング)でも少し紹介しましたが、記事を書くときは導入文に必ず「結論」や「答え」を入れておき、記事を読むことによって「何を知れるのか?」ということについても触れておくと本文へ進みやすくなります。

注意しておきたいポイントは、導入文で書いた「結論」や「答え」に対して、しっかりとした根拠をもって本文で納得してもらえるような文章を書く必要があります。

読者の納得しやすい本文の作り方とは?

Webライティングの技術において、本文で使えるテクニックは多いです。

読者の人に対して説得力を持たせるためには「客観性」や「比較」などをうまく取り入れることによって、「記事を書いている人の個人的な意見」ではなく、「第三者から見た情報」を正しく伝えることがポイントです。

また、メリットだけを書いていくのではなく、「デメリットとなる部分」も必ず取り入れるようにします。

例えばですが、8割ほどのメリットと2割ほどのデメリットがある場合に両方を比較することで、「メリットの方が多い」ということを”確実に言い切る”ことが出来るのです。

読者の目線からすると、、、

・第三者などの客観的なデータが示している事実を知る

・デメリットが存在しているという事実を知る

・メリットとデメリットを比べた結果を知る

という三段階の納得に至る手順が生まれることになるのです。

画像を使用して手を止める時間を作る

ここまで紹介してきたように、記事のタイトルや導入文、本文といった内容をしっかりと構築していても、やはり本文は中々読まれにくいものです。

そこで、記事の中の重要な部分に文字装飾を入れたり、画像を使用することによって読者の手が止まるような仕組みを考える必要があります。

現在、ほとんどのWebサイトやブログのアクセスは80%前後がスマートフォンを占めるようになってきています。

スマートフォンで記事を見る時には、多くの人がスクロールして流し読みになってしまう傾向が強く、手が止まる位置は画像や文字装飾の部分がほとんどだと言われています。

このため、見出しごとには最低でも1枚の画像を入れ、場合によっては読んで欲しい文章の前後にアクセントとしてユニーク画像を入れることも重要なのです。

また、画像はイメージさせるだけのものでも良いですが、記事の内容に直結するような画像が用意出来れば、ビジュアル訴求効果が高まるので、記事本文よりも情報を簡単に伝えることが出来ます。

アフィリエイト収益を出すページはサイトの一部

GoogleAdSenseなどの広告にも同じようなことが言えますが、サイト全体の記事を100%だと仮定した場合、収益化に繋がるページは多くても10%ほどだと言われています。

特にアフィリエイトにおいては、どの記事が想定読者とマッチしてくれるかは実際にペルソナを仮定して記事を投稿してから、しばらくの期間が経たなければ分析も出来ません。

そのため、無闇にヘッダーやフッターにアフィリエイトリンクを貼るのではなく、実際にアクセスを集められている記事をリライトして商品やサービスを差し込むこともあります。

逆に、言えばアクセス数が少なくとも、読者のニーズにしっかりと答えられているページを多く作成出来れば、SEO対策としては弱くとも、成果は発生します。

アクセス数が多いのに、実際の成果に結びつかないという場合には、読者に対しての検索意図に答えられていないと判断することも出来るのです。

・読者がどんな意図を持って記事を読んでくれているのか?

・アクセスをしている理由はどこにあるのか?

こういった分析が出来れば、商品やサービスをニーズに合ったものに変更するという方法も可能です。

そのためには、記事を書いてしばらく様子を見てから、AnalyticsやSearch Consoleといった解析ツールを利用して読者の行動をある程度把握し、足りていないコンテンツや広げるべきコンテンツを考える必要があります。

記事の書き方はWebライティングに集約される

最初に紹介したように、記事の書き方はWebライティングという技術が重要であり、特別な文才や発想が必要だという訳ではありません。

一度に全てを形にすることは難しいですが、Webライティングの基礎を身に付ければ、今よりも自分自身が納得出来るような記事を形にすることが出来るようになります。

たった1ページの記事という要素には、様々な工夫ポイントが存在していることを覚えておいて下さい。