SEO

サイト構成とカテゴリーを整理して読者向けに構造化するポイント

読者向けに構造化するポイント

サイトやブログを構成していく上で、各コンテンツにたどり着きやすいように整理をすることでユーザビリティーが向上します。ユーザビリティーの良いブログやサイトは訪問者が「必要な情報」に対してすぐにアクセス出来るように構造化を工夫をしているのです。

サイトの導線や構造化といった呼び方をすることがありますが、実際にはサイトやブログのTOPページから各カテゴリーと記事への振り分け方が重要になります。

全体の構成は中心になるコンテンツからどういった派生をさせるのか?という所がポイントになります。

サイト構成とカテゴリーの整理とは?

どんなサイトやブログであっても、中心となるサイトコンセプトがあります。

サイトコンセプトはコンテンツの中心であり、全体の方向性を統一するものです。

サイト全体には導線が必要であり、SEO対策をする上でも必須になる施策の1つです。中心コンテンツは基本的に随時更新していくものであり、固定コンテンツはSEO対策に関わらずサイトやブログに必要になる情報のことです。

中心コンテンツからいくつかのカテゴリーに分岐させるのは、中心コンテンツをさらに細分化した時に、中心コンテンツを補助する情報や派生した情報をサブコンテンツとして準備するという意味があります。

コンテンツを実際に当てはめた場合

中心コンテンツ【脚痩せダイエット】

  • カテゴリー1・・・【食事で改善】
  • カテゴリー2・・・【運動で改善】
  • カテゴリー3・・・【サプリメントで改善】

固定コンテンツ【ペルソナへ向けた脚痩せダイエット情報のまとめ】

このような形です。

場合によってはそれぞれのカテゴリーにおいてさらに細分化することもあります。

サイト全体のボリュームとしては、脚痩せに悩む訪問者の検索意図に応じて求めている解決方法は変化しますので【脚痩せダイエット】に関して出来る限り多くの情報を提供することが望ましいです。

多くの情報を発信することは大切ですが、カテゴリーとして分類することで、訪問者が求めている情報をすぐに探し出せるようにサイトを構成する。

これが、サイトの構造化です。

カテゴリーを階層化して、必要な情報を適切な位置に追加していくことで、サイトマップ上においても的確に情報の位置を伝えることが出来るのです。

情報の位置が整理されることによってSEO対策にも効果があるとされています。

ユーザビリティーを向上するための内部リンク

上記のサイト構造化はあくまでもSEO対策を中心に考えるサイト設計の1部です。

そこで、次に考えるべきは訪問者に対して情報を見つけやすくする工夫です。

基本的には検索エンジンを経由して記事に直接入ってくるのですが、この時に記事上で紹介している解決方法と、検索者が求めている「答え」にズレがあった場合にはすぐに離脱されていまします。

そこで、記事の上などにあたるヘッダーメニューなどの位置に、各カテゴリーなどを加えることで「検索者が欲しい情報」を記事から入った場合でも見つけられるよう調整をします。

こういった内部リンクを準備しておけば、少し答えにズレが発生した場合であってもサイト内で情報を探してくれる可能性が高まります。

サイト全体の構成を考える時には、カテゴリーを階層化して情報の位置を整理し、訪問者が「情報」が見つけやすくなるようにページを構成してみましょう。