SEO

SNSを併用してサイトやブログに集客する方法

ブログに集客する方法

みなさんのブログやサイトはSNSとの連携をおこなっていますか?TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSは発足当時から企業などがマーケティング市場として利用してきましたが、近年ではアフィリエイト法人や個人ブロガーなども積極的に集客場所の1つとして着目しています。なぜ最近になって個人やアフィリエイト法人までもが積極的にSNSを利用するようになったのか?これは非常に単純な問題で、ここ数年で検索エンジンの変動回数があまりにも増加しているからです。

SNSを併用することで集客力を高める

ブログやサイトを運営している人であれば、Webを見ることは日常的になりがちですが、世間一般の人はPCを使ってサイトを巡回する回数が極端に減っています。

ほとんどの人がスマートフォンを持つようになったことから、TwitterやInstagramなどの投稿や閲覧が身近になってきました。

通勤や通学の間などのちょっとした時間でも手軽に開けることから、若い世代から中高年層までの利用者数は年々多くなってきています。

こういった背景から、検索エンジンからの流入だけではなく、新しいアフィリエイト市場としてSNSから発信するという運営者が増加してきているのです。

サイトやブログの公式アカウントとして運用する場合もあれば、運営者として個人のアカウントとして活動していくという方法もあります。

SNSを使ったマーケティング手法

Twitterでは主に2種類の利用方法が存在しており、1つは他の運営者に対して有益な情報を発信して、運営者としての魅力を高めていく方法です。

そしてもう1つはサイトやブログに連携させて、記事を更新するたびにTwitterに流れるように設定することです。

大きく分けると2つの方法になりますが、他にもインフルエンサーなどフォロワーを多く抱えている人に依頼をするという場合もあります。

運営者として情報を発信する時の注意点

ブログやサイトに関しての運営にあまり実績がない場合には、情報を発信するというよりも情報を収集することに力を入れる方が良いです。

自分が有益だと感じたTweetには積極的にリプやRTなどをして、”横の繋がり”を意識するように活動してみましょう。多くのTOPアフィリエイターと呼ばれる人達も、自身のサイトなどでアフィリエイトやWebマーケティングに関する情報を発信してくれていることが多いです。

フォローするのにおすすめの方はこちらの記事で紹介しています。

内部リンク=以前のTwitterのおすすめフォロー記事

少しずつ実績や経験を積んでくると、自分自身の勉強の意味も込めてアウトプットの場所に使うことがおすすめです。

自分が経験して学んだことは積極的に発信していくことで、横の繋がりが少しずつ増えていくのです。場合によってはビジネスチャンスに巡り会える可能性もありますので、Twitterを利用するのであれば、積極的に活用していきましょう。

公式アカウントとして運用する時のコツ

サイトやブログにはTwitterと投稿を連携させる機能があります。

こういった公式アカウントとして運用する場合にはフォロワー数が少なければ効果が低いため、地道にフォロワー数を増やす必要があります。

ハッシュタグなどを上手に利用して、潜在顧客となり得るフォロワーを獲得出来れば大きな強みにはなりますが、力を入れるのであれば、運営者個人としての発信力を付けるほうが実利が大きいと言えます。

Instagramを利用した集客

同じSNSでもInstagramを使用する場合には向き、不向きがあります。

例えば、ブログやサイトなどで扱っているジャンルがビジュアルに訴求出来るものであれば、効果は高いですが、文章がメインのサイトやブログであれば、あまり効果的とは言えません。

主にECサイトなどを始めとした”商品”を扱っているサイト運営には相性が良いと言えるでしょう。

インフルエンサーに依頼すると効果は期待出来るのか?

TwitterやInstagramには「インフルエンサー」と呼ばれるフォロワーを多く抱えた拡散行為を仕事にしている人達がいます。

インフルエンサーは場合によってはフォロワー数が10万人など見た目は多くの数が存在していますが、アクティブなアカウントに対して拡散力を持っているインフルエンサーはごくわずかしか存在していません。

また、ペルソナの考慮なども基本的には出来ないため、価格やフォロワー数だけに惑わされないように注意しましょう。

具体的な事業案を提出出来るようなインフルエンサーであれば信用度は高いですが、「Tweetします」「拡散します」というだけのインフルエンサーには正直あまり効果を期待出来ません。