SEO

直帰率を下げるための誰にでも出来るWebライティング

Webライティング

ブログやサイトをAnalyticsなどで解析した時に注目するポイントとして「滞在率」と「直帰率」が挙げられます。名前の通り訪問してくれたユーザーの行動を表すこれらの数値ですが、場合によっては簡単なライティング手法を使って改善することが可能です。その方法とは「答え」を最初に書いてしまうこと。ここからは、誰にでも簡単に出来るwebライティングの手法を詳しく解説していきます。

訪問者には最初に「答え」を提示する

基本的にWebサイトのコンテンツは訪問者の「悩み」を解決するために構成していきます。

訪問者にはそれぞれに検索意図がありますが、もっとも求めているのは自分の悩みを解決するための「答え」です。

それなのに、本文中で「答え」を書いていたり、場合によっては一番最後で「答え」を書いている場合、訪問者はその「答え」を記事の中から探さなくてはいけないのです。

そもそもの検索意図が「悩みを解決するための答え」である場合、記事の中から答えを探してはくれません。これが直帰率に繋がってしまうのです。

このため、訪問者に対しては最初に「答え」を提示し、記事本文の中で「答え」に至った理由と根拠を提示していくことで「情報の信憑性」を再確認してもらうことが出来るのです。

凄く単純な手法ですが、サイトの内容次第では答えを先に持ってくるだけで大幅に直帰率を改善出来る可能性もあります。

記事の種類によっては答えの部分が「結論」に変わることもありますが、基本的な考え方は同じです。

もっとも重要なのは記事の導入文

記事の構成については別途詳しく解説していきますが、

  1. タイトル
  2. 導入文
  3. 本文
  4. 締めや誘導

といった基本的な構造を考えた場合、もっとも大切な部分は導入文です。

記事タイトルも非常に重要な要素は持っているのですが、記事タイトルから外れず、さらに先を読み進めてもらうためには、本文に入る前の導入文が一番重要なのです。

導入文で興味を引けないと、本文に進んで貰えないため、最初に解説した「直帰率」や「滞在率」にも影響を及ぼします。

また、本文の中にも適度にイメージの出来る画像を取り入れるようにすることで、読者の手を止めるような工夫をすることも有効です。

記事タイトルから本文構成に関しては、様々な要素がありますが、まずは今回紹介した「誰にでも出来るライティング」を利用して、滞在率を上げて、直帰率を下げるように工夫してみて下さい。

全てのサイトに当てはまるものではありませんが、人間の心理を考えると、答えや結論を先に出すという構成は最も共感を呼びやすいライティング手法の1つです。